公益財団法人 武生郷友会
プライバシーポリシー 関連リンク サイトマップ
ホーム > 学舎のページ > 学舎内諸規則
武生郷友会のご紹介
事業のご案内
学舎のページ
行事予定
学舎活動記録
学舎内諸規則
賛助会のページ
奨学資金事業へのリンク
入舎生募集へリンク
各種書式ダウンロード
お問い合わせ
学舎のページ
学舎内諸規則
公益財団法人 武生郷友会 学舎規則
公益財団法人武生郷友会(以下「本会」という。)定款第4条第1号に規定する寄宿舎(以下「本学舎」という。)の運営に関して、次のとおり定める。
(学舎運営委員会)
第1条 理事長は本学舎の日常の管理及び運営に関する次の事項を諮問し、審議およびこれを執行するために学舎運営委員会(以下「学舎委員会」という)を置く。
(1) 入舎者の補導に関すること
(2) 運営に関する予算および決算に関すること
(3) 本規定に基づく、本学舎運営に関する規則制定および改廃に関すること
(4) その他本学舎の管理および運営に関すること

2.学舎委員会の委員は本会役員および学識経験者より理事長が委嘱する。委員の互選により委員長を選任する。

3.学舎委員会の推薦に基づき、理事会において舎監および管理人を選任しその事務を委嘱する。

4.委任の任期は2年とし、重任を妨げない。

5.学舎委員会は、その会議に入舎者、舎監および管理人の出席を求め、意見を聞くことが出来る。

6.前各号に定めるものの外、学舎委員会の運営その他の必要な事項はその会議において定める。
(入舎者の資格および在舎期間)
第2条 本学舎に入舎できる者は、当会定款第3条に掲げる本会の目的に合致し、原則として次の各号に該当するものとする。
(1) 学校教育法に定める4年制大学に在籍する男子。ただし、本学舎の収容定員に余裕がある場合には、大学入学予定者およびその他の学校在籍者に、期限を定め入舎を許可することがある。
(2) 在舎期間は4年間を限度とする。ただし、大学院進学等の事情のある場合には、在舎期間を延長することができる。
(3) 別に定める舎費、共益費、食費を支払う能力のある保護者と、確実な保証人がある者。
(4) 健康にして、文化的な共同生活を営むことの出来る者であること。
(入舎者の義務)
第3条 入舎者は、本会の事業目的を充分に理解し、諸規則を遵守すると共に、退舎後は当会の事業発展に資するものとする。
(募集)
第4条 入舎希望者の募集は毎年10月より行う。ただし、収容定員に余裕を生じた時は臨時募集をする。募集方法については、別途定める。

(入舎選考委員会)
第5条 入舎者を選考するため、入舎者選考委員会(以下「選考委員会」という。)を置く。

2.選考委員会の委員は、次に掲げる者のうちから理事長が選任し委嘱する。
(1) 学舎委員
(2) 本会役員
(3) 福井県教育委員会委員
(4) 福井県下高等学校長
(5) 福井県下市町村教育委員長
(6) 本学舎学生委員長

3.委員の任期は1年とする。ただし、重任を妨げない。
4.選考委員会の運営及びその他必要な事項(選考時期をも含む。)は学舎委員会において定める。

(入舎者の決定)
第6条 入入舎者の許否は、前条の選考委員会の選考を経て、理事長がこれを行う。
2.入舎の許否が決定した時は、理事長から直ちに本人に通知する。
(入舎者の手続き)
第7条 入舎許可を得た者は、通知を受けた日から10日以内に学校入学または在学を証する書類、住民票謄本および誓約書(第2号様式)を理事長に提出するものとする。なお、入舎日が確定した時は、必ず管理人に連絡を入れなければならない。
2.前項の誓約書には、共に独立の生計を営みかつ保証能力がある身元保証人2名の連署を必要とし、うち1名は本人の保護者とする。
3.身元保証人の一身上に関し変更がある時は、入舎者は直ちに、その旨を理事長に届け出なければならない。
(入舎時寄付金等)
第8条 入舎許可を得た者は、前条の手続き時に次に定める寄付金を納付しなければならない。
(1)入舎金 50,000円
(2)施設費 50,000円

2.前項の額を納付後に入舎を辞退した場合には、その全額を返還する。
(舎費、共益費および食費)
第9条、 舎費、共益費および食費は月額次のとおりとする。
(1)舎費 19,000円
(2)共益費および食費 47,000円

2.前項の舎費及び共益費は毎月末日迄に翌月分を当会の指定する銀行口座に振込むことにより納付するものとする。銀行振込の手数料は本人の負担とする。

3.月の中途において退舎した者は既納の舎費、共益費については、原則としてこれを還付しない。

4.第1項第2号に定める額のうち食費相当額については、前項にかかわらず、学舎委員会が定める細則により、喫食数に応じて還付することがある。

5 第1項に定める舎費、共益費および食費は、公租公課、経済情勢の変動により変更することがある。
(退舎手続)
第10条 在舎生が自己の都合により退舎を申し出た時は、10日前までに父兄又は保証人の承諾書を添えて理事長に届けなければならない。

2.理事長は次の各号の1つに該当する者がある時は、退舎を命じまたは入舎を取り消すことが出来る。
(1) 第2条の資格を失った時
(2) 指定の期日に入舎しない時
(3) 正当な理由なく、舎費及びその他の費用を2ヶ月滞納している者
(4) 在舎生がこの規則に故意もしくは重大な過失により違反したと認められる時
(5) 学舎内の秩序を著しく乱し、又は保険衛生上(病気等)その他の事由により、在舎を不適当と認められた者
(6)前各号に順ずる場合および本会賛助会からその旨の勧告があった者

3.退舎に際しては次の事を実行する
(1) 居室を原状に復帰し、管理人の立ち会いの下に明け渡しを行う。
(2) 原状復帰に際する費用のうち、経時的な劣化に関わる費用以外は在舎生の負担とする。
(3) 部屋鍵等貸与物の一切を返却しなければならない。なお、紛失・破損等の場合は管理人の指示に従うものとする。
(4) 在舎生本人が負担すべき公共料金等については、本人の責において清算しなければならない。
(施設、設備の保善)
第11条 入舎者は、学舎が公共性を有する育英施設であることを認識し、維持保全については、次に定める事項を守らなければならない。
(1) 施設、設備または付設機器類の使用にあたっては、常に十分な注意を払い、常に正常な状態で、維持管理使用しなければならない。
(2) 施設、設備または付設機器類を滅失もしくは毀損した場合には、これを原状に復しその費用を弁償すること。
(3) 居室は居住目的以外に使用せずまたは他人に使用させないこと。
(4) 学舎の維持保全に必要と判断される物事についての管理人からの指示は、これを在学舎生は誠実に従わなければならない。
(規律及び衛生)
第12条 入舎者は共同生活の秩序を重んじ、公共衛生に留意しなければならない。
(居室への立入検査)
第13条 舎監および管理人は災害予防又は管理上必要があると認めた時は、居住者に告知の上、居室に立ち入ることが出来る。ただし、緊急かつ必要と認めた時は居住者の在、不在に係らず居室に立ち入ることが出来る。
(舎監および管理人)
第14条 舎監は本学舎の運営を統括するとともに在舎生の指導に当たり、管理人は舎監の監督、指揮の下に、本学舎の日常の運営、維持および管理の業務に当たる。

2.管理人の勤務時間は、月曜〜土曜日(ただし、祝日および指定された日を除く。)の午前6時〜午後11時とする。


3.管理人は別途定める管理諸報告書を舎監に提出し、舎監は学舎委員長を通して理事長に提出しなければならない。
(学生委員会)
第15条 在舎生は親睦を計り、自治の精神をもって心身共に健全なる共同生活を営むために、学生委員会を組織することが出来る。

2 学生委員会が組織および運営方法その他の事項を決定した時は、直ちに学舎委員会、舎監および管理人に報告し了解を得なければならない。

3、 学生委員会は、本会および地域自治会が主催する行事等には、積極的に参加し、協力しなければならない。
(禁止事項)
第16条 本学舎において次の事項は禁止する。
(1) 賭博行為、商行為、政治・思想・宗教行為、動物飼育、騒音、緊急時以外の非常口の使用、車の駐車、転貸、造作変更、鍵の複製、窓ガラス・壁等へのビラはり、下駄・スパイク等の屋内使用、その他共同生活上の秩序平穏を乱す行為
(2) 学舎内での調理・備品の持ち出し
(3) 事務所および業務用厨房へ無断立入
(4) 引火性物質及びその他危険性のあるもの(石油スト−ブ等)の舎内持込
(5) 管理人への私事の依頼
(会 計)
第17条 管理人は会計帳簿を備え、舎費・共益費・食費およびその他学舎運営管理に関する金銭の出納を明らかにせねばならない。

2.管理人は年度末毎に、決算書を作成し理事長に報告しなければならない。
(付 則)
第18条 本規則の施行および改正は、本会理事会において決定する。

2.本学舎の運営に関して本規則に定めなき事項および運営に関する細則は、学舎委員会において定め本会理事会の承認を得たうえで施行するものとする。
(改定、平成19年4月1日)
(改定、平成21年4月1日)
 
武生郷友会学舎生心得
 在舎生は学舎規則を遵守し、学舎内の秩序の保持並びに舎内環境を勉学に適するよう努めるものとする(一般事項を尊重する)。
 学舎内規則は学生委員会において原案を立案(改廃)し、学舎委員会の手を経て当理事会の承認を得るべきものとする。
[一般の事項]
1、 学舎生活は礼儀正しく、舎生同志は親愛の情を以って交わり、特に朝晩の挨拶を励行する。
2、 明るい清潔な環境を作り、落ち着いた学習態度を養う為、常に整理整頓を心がける。
3、 起床、就寝の時間は規定しないが、規律、節度ある生活を通じ、自立、自助の精神を養う。
4、 学生寮生活の本義に基づき静粛を心がけること。
@ 22時以後の他室訪問はなるべく遠慮し、やむを得ず訪ねる場合は短時間で切り上げること。及び、大声での雑談を禁ずる。
A 22時以後は読書、研究等の時間として特に静粛を心がけること。
B 居室でのラジオ・テレビ・CD・パソコン・楽器類の使用に際しては、隣室者の同意を得ること。
C マ−ジャンはリビングのみとし、居室でのマージャンを禁止とする。許可日は土・日・祭日、長期休暇(3・8月・12/20〜1/10)とする。
5、 在舎生は公衆衛生をわきまえ、食堂・リビング・自炊室・廊下・便所・シャワ−ル−ム・洗濯室等を清潔に保ち、定められた掃除(当番制)・消毒を行うなどの環境衛生保持に努めること。 6、 学生相互間の金銭上のトラブル、個人間の好き嫌いによる不仲等には、各自細心の配慮をすること。
[居室・部屋鍵]
1、在舎生は舎監及び学生委員長の許可なく勝手に居室を変更してはならない。居室割当ての決定は舎監及び学生委員長の協議において行う。部屋替えは、時期は2月に行う。部屋替えする者は、部屋壁・床仕上更新等、原状復帰の為の規定費用を当会に納入しなければならない。
2、各室の部屋鍵は各自に貸与する。(鍵1本)
3、部屋鍵の複製・転貸はこれを禁止する。
4、部屋鍵の紛失による取り替え費用は、各自の負担とする。
[光熱費・電話]
1、 居室で使用した光熱費は個人負担とし、別途、事務局が徴収する。
2、 事務局設置電話での、外来からの受信管理は原則として、これを行なわない。
3、 私有の電話機は居室に自由に設置出来るが、その管理は各自の責任において行う。
[外出・外泊及び在舎の有無]
1、 門限は24時とし、戸締まりは舎監がこれを行う。但し、突発事故、その他重大な自由がある場合はこの限りではない。
2、 帰舎が門限以後になる時は、事前に許可を受けること。緊急の場合は電話にて連絡すること。
3、 2泊以上の外泊をする場合は、必ず事前に外泊届けを舎監に届け出なければならない。
4、 登校・外出・在舎の表示は、個室の扉(鍵)の開閉により、在・不在のが表示されるので、扉の開閉は十分気をつけること。又、玄関に表示板を取り付けた際には、各自が責任を以って表示しなければならない。
[食 事]
1、食事は食堂で行う。
2、食事は定められた時間に済ませること。 下記の終了時間を経過したら、特別の事情がない限り破棄するものとする。
   朝食−午前7時00分−10時00分
   夕食−午後6時00分−10時00分
3、 土・日・祭日は、休食とする。
4、 3・8月・12/20〜1/10は、長期休暇の為、休食とする。
5、 欠食を希望する者は、当日(休食日を除く)午前12時までに事務局に届け出るものとする。
[厨房・自炊室]
1、 厨房内の立ち入りは禁止する。
2、 自炊室使用後の清掃・火気管理は、使用者が責任を持つこと。且つ、学生委員会の選出により責任者を置く。
3、 備え付けの食器は自炊室・食堂以外に、持ち出してはならない。
[食堂及びその他の公室の使用]
1、 舎生相互の各種会合に、食堂及びその他の公室を使用する時は、事前に事務局に届けなければならない。その使用時間は最終午前12時までとする。
2、 上記、使用後は学舎生が責任を持って清掃等の片付けを行う事。
3、 公室及び共用空間には、私有物を放置してはならない。
[来訪者]
1、 来訪者がある場合は、事前に書面にて事務局に申し出る事を原則とする。
2、 親族・身元保証人以外の女性の立ち入りは、一階の食堂のみとし、居室への立ち入りを禁止する。
[シヤワ−・洗濯]
1、 シヤワ−・洗濯機(5F)の使用は午前7時−午前12時とする。使用後は使用者が自主的に整理整頓する事。
2、 清掃業者が清掃中の場合は使用不可とする。
[清掃]
1、 居室内は常に、清潔整頓を行う事。舎内は上履きを使用する事。
2、 全舎の内外大掃除は、年2回全員で行う。(舎監と学生委員会との協議により日程を決定する。)
[火災予防]
1、 火気の取り扱いについては、厳重に注意し、次の事項を厳守して建物全般の火災予防を怠ってはならない。
@ 各階通路空間での喫煙はこれを禁止する。
A ベッドでの喫煙をしてはならない。
B 居室での加燃による自炊等をしてはならない。
C 居室を空ける時の電源、煙草の吸い殻等の後始末の確認。
D 建物内への引火物の持ち込みの禁止。
2、 火災・地震・その他の災害による緊急時には、舎監の指示に従って行動する事。
[保健衛生]
1、 病気の為、休養を要する者は、舎監に申し出てその指示を受ける。
2、 特に体に異常を覚えた時、又は、病気の為医師の診断を受けた時は、舎監にその旨を申し出なければならない。
[駐輪場]
1、 学舎生が、駐輪場を使用する時は、舎監に申請し許可を得なければならない。
2、 施設の駐輪場は有料とし(附則参照),各自が責任を持って管理する事。オ−トバイ・自動車等の敷地内(駐輪場も含む)での駐車は禁止する。
[ごみ処理について]
1、 上記につき、事務局の指示のもと、各人が決められた時間までに所定の場所にル−ルを守って捨てる事。
[ペットについて]
1、 ペットについては、これを飼う事を禁止する。
[その他]
その他、新聞購入等、規則で規定されていない支払い等については、各個人の管理とする。
[舎監への届出事項]
1、 下記の事項は、必ず舎監に届け出なければならない。
@ 事故にあった時
A 盗難にあった時
B 学舎の備え付けの什器備品等を破損、滅失した場合
附則
駐輪場使用費は、当分の間、下記の通りとする。
     駐輪場使用費(月額)      0円
(制定、平成9年12月)
(改定、平成15年2月)
以 上
COPYRIGHT Takefu Gouyukai. ALL RIGHTS RESERVED.